<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
アメリカ便り16
今日は~!

このごろは安定した天気に恵まれていて旅も
快適です!
b0076334_16135092.jpg



日常の生活をすっかり忘れてしまっています。
何曜日は何のゴミ出しなんて考えなくていいので楽チン!
b0076334_16141117.jpg



主人は今日めでたく68歳の誕生日を迎えることができて
私もほっとしています。
b0076334_16142963.jpg



海外旅行の保険も68歳がひとつの区切りのようです。
間違ってたらごめんなっさい。
だから68歳になる前に出発しました。
b0076334_16144823.jpg



主人は10年前に肺がんの手術をしていますので今こんなに元気で
いてくれて本当に嬉しい!。
b0076334_16151087.jpg

b0076334_16153742.jpg



上の写真は移動中のシーニックロード、綺麗な景色でした。

さて今回はザイオン国立公園。
b0076334_16215146.jpg



ザイオン国立公園はサンフランシスコからも近く人気の国立公園で
凄く賑やかでした。

こんなに人が多いのはグランドキャニオン以来です。
メジャーなんですね。
交通の便利もいいのかしら?

国立公園に入るにはゲートで入場料金を10ドル支払います
b0076334_16222132.jpg



私たちは最初に年間パスポートを80ドルで買っておきましたので
一年間何度入ってもパスポートを見せればOK、お得です。
国定公園は通用しませんでした。
b0076334_16224775.jpg



ザイオン国立公園は公園内で宿泊以外の車は走れないので
ビジターセンターからシャトルバスに乗って終点で降りて
トレイルしました。
b0076334_16231628.jpg



凄く高い岩山、岩の特徴は赤茶色の岩です、今までの岩とは違って
硬いのか上のほうもあまりギザギザしていないわ~
b0076334_16234568.jpg


b0076334_16242540.jpg



なんだか変化に乏しい!
b0076334_1625334.jpg

リスの尻尾が可愛い!

川沿いの道を歩いていきます。
b0076334_16364373.jpg

険しい道を行く人はこんな杖を持って歩いていますし、
途中川の中を歩くところもあるようですが、
私たちはそんな準備はしていないので途中で引き返してきました。
b0076334_1640586.jpg

帰り道に絶壁の壁をロッククライマーが登っています。
みんなが双眼鏡で見ていました。
写真で見えるかしら、白い点のようです。
b0076334_16374868.jpg

ヨセミテでもクライマーが登っていたわ!

シャトルバスは頻繁に通りますが、運が悪いと座れません。
b0076334_16255670.jpg


ウエディングドレスを着た人もバスに!

土曜日ということもあってキャンプ場は一杯で川沿いの道を歩いていると
バーべキューの良い匂い!
もっと近くで写真撮りたかったかったけど怒られると怖いので・・・
b0076334_1639072.jpg

お腹がすいたけど此処では宿泊しないのよ。

ザイオンの東出口は凄く怖い道、山はねじれた縞模様で
凄い断崖、今までいた穏やかな山とは一変しました。

写真撮ったけど車が揺れすぎてピンボケ、トンネルも長く
電気もついてなくて怖かった。

宿に着く道中も長く真っ暗な道を30分も走って8時やっと着いた。
無事に着くか心配で心配でドキドキした。

長い一日だった。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-30 16:11 | tabi | Trackback | Comments(20)
アメリカ便り15
今日は~!
先ほどUPしたばかりなんですけど~~!

今回はブライスキャニオン国立公園(15箇所目)
私はこのブライスキャニオンを目の前にした時
こんな素敵な所があるの!!て思うほどの強烈さでした。
標高は2800メートルくらいあります。
b0076334_17124169.jpg

兎に角広くて広くて~~!!

穏やかな森の中に突然現れる断崖、見下ろすと、ひや~!とします
b0076334_17375370.jpg


そこに立ち並ぶ岩の小塔群に夕日が当たって刻々と色を変えていきます。
b0076334_17132230.jpg



石灰を多く含む砂や泥の層に長い間に雨や風による侵食と
雪が凍って割れ目ができて崩れ落ちたりして
b0076334_17141030.jpg



今の形ができたようですが侵食は今も続いているので本によると
二万年後には全部崩れ落ちて崖っぷちになってしまうとゆうことです。
b0076334_17143691.jpg




グランドキャニオンも素敵だったけど、ここのブライスキャニオンはお城の塔の
様になった岩がとてつもなく綺麗に延々と続いて夕日に輝いています。

私たちは夕方の五時ごろについて夕日に輝いてるキャニオンを見ることが
できて幸運でした。
b0076334_17162121.jpg


写真では迫力が出なくて本当に残念!

ここでも二泊、グランドキャニオンと同じように一日中走り回っていました。

観光バスでヨーロッパの人が沢山やってきました。
b0076334_17155029.jpg



持ってるカメラは日本製、キャノンやミノルタ、アメリカの人も
殆どの人が日本製のカメラをぶら下げています。

二日目にはこの岩の下まで降りて、下から見あげようと、ナバホ・ループ・トレイルに
嫌がる主人と降りて行きました。
「これを見なかったらきっと後悔するよ」ってね。
b0076334_17171580.jpg


急な下り坂、帰りのことを考えていたら行けません!
名古屋のテレビ等くらいの高さを下に降りていくのです。
b0076334_17182531.jpg



下から見上げると本当に高い塔!凄いわ!
b0076334_17195073.jpg


これが全部岩!綺麗な黄色みがかった赤茶色です。
帰り道は予想どうりきつかったけど降りて見て本当によかった。

b0076334_17174469.jpg



「あっ!お馬さんだ」
お客さんを乗せた後で馬も疲れた様子!
b0076334_17191380.jpg



本当に素敵だったわぁ~!
なんだか次に行ってしまうのが惜しいくらい。


b0076334_17381632.jpg

[PR]
by jyuntonana | 2010-10-26 17:10 | tabi | Trackback | Comments(16)
アメリカ便り14
今日は~!
このところ天気は安定して好い天気に恵まれています。

道中真っ直ぐな道ばかりで退屈なときは、主人が持ってきた
演歌を聴きながら走っています!

演歌と言っても杉良太郎、里見浩太郎等こんな歌が好きなんです
家の主人!
でも全然違和感が無いの~!不思議ね。
b0076334_15385579.jpg



アメリカに来て14箇所目のキャピトルリーフ国立公園。
b0076334_15391964.jpg



此処も大自然の岩山を見て歩きました。
b0076334_1537242.jpg



宿泊先のモーテルの庭は芝が敷き詰められて凄く綺麗です。
芝にはこんな卵のようなキノコが!
b0076334_15374894.jpg



窓から見てると林の中から可愛い野うさぎが出てきました

写真を撮ろうと近寄るとすぐ林に消えてしまうので望遠でやっと撮りました。

自然の力は凄い!と またまた写真。
b0076334_15394918.jpg



今日もトレイル、ビッグマンブリッジを見る為に幾つもの岩山を縦走して・・・
本当に険しいわ!主人はヒイヒイ行ってます。
b0076334_1540166.jpg



でも此処まで来て引き返すことはできないわ!
やっと辿り着きました。
b0076334_15404564.jpg



デッカイ!!がっちりしてます。
デリケートアーチと違って谷に降りた感じだから怖くないけど
b0076334_15415926.jpg


帰りがまた大変!日ごろ運動不足の体には相当こたえました。
b0076334_15381157.jpg



綺麗なものを見るには楽してみることができないわね。
往復二時間!

移動の道の綺麗な黄葉見てると疲れも吹っ飛びます。
b0076334_15382814.jpg



続いてブライスキャニオン国立公園も紹介しますね。

b0076334_15423013.jpg

[PR]
by jyuntonana | 2010-10-26 15:35 | tabi | Trackback | Comments(2)
アメリカ便り13
今日は~!
旅も中盤を過ぎてきました。
b0076334_1154137.jpg



アーチーズ国立公園では大変なめにあって少しばかり
気弱になってきました。
b0076334_1164012.jpg



このごろの天気は不安定、夕方になると鉛色の雲がやってきます。

今日はキャニオンランズ国立公園、今度はまた深い峡谷を見下ろすって
感じです。なんだかグランドキャニオンの山に似ています。
b0076334_1155913.jpg



ビジターセンターによっていろんな情報を見てから出発します。
大きな角持ってみると凄く重くて持ち上がらない!
ビッグホーンシープさんこんなに重い角をつけて大変ね。
b0076334_116223.jpg



此処の一番の見所はデッドホースポイント。
b0076334_116588.jpg



かってカーボーイが野生の馬を追い込んでいて、追い詰められた馬が
断崖絶壁に転落して死んでしまったそうです。
b0076334_1175752.jpg



本当に凄い断崖絶壁なんです、写真では分からないわね。
b0076334_1171723.jpg



此処も夕日が綺麗なんだそうです。
b0076334_1181479.jpg



未舗装の急な断崖を車で降りるところもありますが
普通車では無理、
降りてる車ものろのろ運転、見てるだけで怖い、

此処にもメサアーチがあるというので30分ほど歩いて見に行きました。
本当に綺麗なものを見るのには苦労がつきもの。
b0076334_1183470.jpg



またまた怪しい風が吹いてきました。

キャー!また降ってくるよ、昨日の事がよみがえってきます。
急いで急いで車に、何とか間に合って
出発!
b0076334_1185374.jpg



すぐに大雨になって車の屋根がバリバリいいます!
何でこんな音がするの!怖くなりました。

凄い音!車の屋根に穴が開きそう!!
b0076334_1195258.jpg



よく見ると雹が降ってきました!
道も真っ白、危ないので車を止めて外を見ると
結構大きな氷(丸くなっています)1.5センチくらいあります。
b0076334_11101528.jpg


道にはひょうが一杯、やっと雨がやんで、「今日は車のなかでよかったね~」
こんな大きな雹が頭に当たったら痛いよね!
何て話して心をおちつけました。

雹に降られるのも今までに体験したことがない。
見るのも始めてでした。

この辺は標高が高いので雨が降りやすいのかしら?

今まで良い天気に恵まれて暫く雨のことは忘れていましたが
こんなに集中的に降られるると怖いです。
b0076334_11231469.jpg


でも一日中降られることが無いので助かります
一応予定の観光はできています。

明日はどんな天気が待っているんでしょうね、
このごろは天気が心配になってきました。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-23 11:03 | tabi | Trackback | Comments(12)
アメリカ便り12
今日は~!
b0076334_14184912.jpg



今度はアーチーズ国立公園に向かいます。
b0076334_144588.jpg



旅も順調に進んで予定のスケジュールよりも早めです。
b0076334_1443460.jpg



国立公園でホテルの予約がとってある関係上日程を
調整しながら余裕ができた分古い町に寄ることができています。
b0076334_1445941.jpg


アーチーズ国立公園に向かうシーニックロードには入ったトタンに
道に両側の白樺の木?の黄葉が見事に始まって本当に綺麗!
b0076334_1452773.jpg


コロラド川を見ながら進むと今度は両側が赤い岩、コロラド川はくねくねと
蛇行しながらどこまでも続いています。
b0076334_1455670.jpg

b0076334_146226.jpg


町に近づくと今度はねずみ色の山、凄い地形。
b0076334_14757.jpg

b0076334_1473422.jpg


アーチーズ国立公園はユタ州の南部にあって岩の芸術作品が集まって
いる地域です。
b0076334_14192724.jpg


b0076334_14195823.jpg



まずはデリケートアーチを見に行くっことに!
夕日が当たるデリケートアーチが最高と言う事なので其れに合わせて
往復二時間半ほどのトレイル。
b0076334_14205881.jpg



リュックにステッキに水をもって登って行きました。
b0076334_14213360.jpg


デリケートアーチは登って登って幾つもの山を縦走していきますが道が
分かりにくくて迷子になりそう!
b0076334_14215651.jpg


「何でこんなに遠くにあるの!」なんてつい口に。
風が吹くと砂埃が舞う。

凄くいい天気だからきっと夕日に赤く染まった
デリケートアーチを見ることができるだろう!「楽しみ楽しみ!」って
ハアハア言いながら登って行きました。
b0076334_142227100.jpg



ところがもうすぐデリケートアーチに着くわ!空を見上げると
にわかに駆け曇って今にも雨が降りそう!
こんな筈じゃなかった!

高くて断崖絶壁のところを恐る恐る近づくとデリケートアーチは奥のほうの
断崖に立っていました。
b0076334_14225811.jpg


凄いわ~~!!こんなアーチを作る自然の力にビックリ!!!
本当に凄い~!

この形になるには何億年もかかったのでしょうね。
赤いデリケートアーチのはずだったのですが、こんな鉛色の空に
中に立っています。
b0076334_14343721.jpg



真っ黒な雲の中、急いで写真を撮って帰ろうとした時に、風が急に強く
なって雨が降ってきました。

雨合羽もって着てないのよ、あまり天気が良かったので車に置いてきて
しまった。
b0076334_1435226.jpg



雷は鳴ってくるし、大嵐となって前方も見通しが利かない、人は少ないし、
道はどっち!!主人は遅いしどうなるの~!!
全身ずぶ濡れ、遭難しそうだったわ!
怖くて猛スピードで下山してきたので疲れました。

山で遭難する人の気持ちが分かったような気がします。
山を甘く見てはいけないって事を身をもって体験しました。
無事に帰れてホットしました、転んで怪我でもしたら大変でした。
b0076334_14364833.jpg



びしょ濡れでチェックインするとき恥ずかしかった。
すぐにシャワーで暖まることができて落ち着きました。

翌日はいい天気!午前中は宿泊先のモアブの町を散歩、
観光客も多く綺麗な町です。
b0076334_14333548.jpg



午後は昨日まだ見てなかったアーチーズ公園の沢山あるアーチ(穴のあいた岩)や
凄く高くて赤茶け奇岩を見て回りました。
b0076334_14355058.jpg



園内には約1500ものアーチがあるをうですが
その中でも有名なアーチを見て回りました。
b0076334_14352484.jpg



アーチを見るには必ずトレイルがつき物、綺麗なものはズーと先にあるのです。
軽いハイキングってとこです。
b0076334_14375321.jpg



主人は遠くまで歩くのは嫌がるのでせいぜい30分くらい(片道)のところには
行ってきました。道々の景色は綺麗ですが夕方になると昨日の事が頭に
甦ってきて空ばかり見ていました。
b0076334_14362030.jpg



ランドスケープは世界最大の大きさだそうです。
ランドスケープを見た帰り道、またまた草むらの中から鹿さんが!
b0076334_14383457.jpg


皆静か~にして写真撮り、いつ見ても可愛いわ。

なんだか写真ばかり撮っているので写真撮り症候群になってしまったよう!
何を見てもすぐシャッターを押してしまう。
アホかいな~~!です。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-20 13:58 | tabi | Trackback | Comments(12)
アメリカ便り11
今日も良い天気!
元気で走っています。

メサベルデ国立公園に向かう道すがら
b0076334_0114613.jpg


何にも無い砂漠の道を走っていると突然赤い岩山が現れたり
綺麗な町に出てきたりと退屈しない。

コロラド川沿いに走って行きます途中で川を見ながら
ピクニックシートを敷いてのランチ、「ケンタッキーフライドチキン」
アメリカ人は必ずいすを持ってきて座ります。
地べたにこんな風に座っている人はいません!皆笑っています。

b0076334_23415422.jpg



今回立ち寄ったデュランゴの町は昔鉱山で栄えたようです。
シルバートンからデュランゴに銀を運んできた
b0076334_23433856.jpg



峡谷鉄道の後は今は観光用に走っています。
b0076334_23412923.jpg


凄く景色がいいようですが時間が無いのでデュランゴの町の
見物。今はリゾート地として賑わっていました。
b0076334_23423535.jpg


やっとメサベルデ国立公園に辿り着きました。
b0076334_23452961.jpg



ローッキー山脈の端にあるアメリカ西部で唯一の自然国立公園以外の
国立公園で世界文化遺産にも登録されています。
b0076334_23455916.jpg



今から1400年も前に得意な地形を利用して建てられた断崖絶壁の住居に
住みついた。標高2000メートルもある高いところ。
b0076334_2346303.jpg



公園の入り口から急な坂を30分も走ったところ、本当に高い!
こんな所に住んでいたなん信じがたいけど立派な住まい。
14世紀に忽然と姿を消したらしい。
b0076334_23471098.jpg



此処の住居跡を見るのに高くて危険なところはガイド突き出ないと行けません。
b0076334_23474587.jpg


b0076334_23481894.jpg



私たちにはとても無理なので、いける所まで登って見てきました。
b0076334_23492297.jpg



夕方になって火事で燃えてしまった山道を走っていると「あ!馬」誰も住んでないこんな高いところに
いる馬は野生だと思います。

暫く走ると「鹿!」夕方になると草を食べに出てきます。ラッキー!
動物好きの私は動物に出会うと本当に嬉しい!
b0076334_2350074.jpg



山を下るのにも30分も掛かって真っ暗、本当に明かりが何にも見えないの。
暗いわ~!
b0076334_23502872.jpg


今度は待ちに待ったアーチーズ国立公園に向かいます。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-19 22:54 | tabi | Trackback | Comments(6)
アメリカ便り10
今日は~!
こちらは毎日いい天気に恵まれて旅をする者に
とってはありがたいことです。
b0076334_13161330.jpg


空気も綺麗!なんだか空が近くに感じます。
b0076334_13163998.jpg


主人が「空気が綺麗だから鼻毛も伸びないわ!」だって
本当かしら?
b0076334_1317692.jpg



素晴らしかったグランドキャニオンを後にしてモニュメントバレーに
向かって砂漠の綺麗な景色を見ながら走っています。
b0076334_13181544.jpg



モニュメントバレーの三つの赤茶けた岩山は写真や映画で見かけると思います。
ジョン・フォード監督の映画「駅馬車」を始め数多くの映画が此処で撮影されて
います。
b0076334_1343655.jpg

アメリカの原風景とも言われナバホ族の居留地でナバホの人が管理運営しています。
アメリカの中の独立国だそうでアメリカも認めているそうです。
b0076334_13204480.jpg



夕方五時ごろモニュメントバレーに着きました。
三つのビューとが夕日に染まるのを待って写真を撮っていたら、
あっという間に暗くなってしまった。
b0076334_13212314.jpg


「きゃ~!」こんなに暗くなるなんて・・・
私たちが泊まる宿の道がわかりづらい!!
b0076334_1322045.jpg


やっと辿り着いて、チェックインを済ませたのは良いけどロッジが分からない!
ロッジの建物はあちらこちらに建っているので暗くて見えないの、
今来た道を戻って、ガソリンスタンドを右に行ってそれから左~~
これって敷地内なの?あった~~!
b0076334_1322245.jpg



だけど一戸建て、ドアーをあけてビックリ!!
リビングにキッチン、部屋は二つに、バスルームも大小二箇所、其れにランドリーなどなど
間違ってるんじゃないの?でも鍵は合ってる。
b0076334_13224935.jpg



こんな立派なキッチンで作ったものは、持ってきたラーメンとアルファ米の
赤飯です。これがまた美味しいの!何時か紹介しますね。
b0076334_13233178.jpg



翌朝は昨日申し込んでおいた朝一番のバレードライブ。
未舗装のでこぼこ道を行くのでツアーのほうが安心です。
b0076334_13235075.jpg



ガイドさんもナバホ人です、結構面白い人。
b0076334_13241675.jpg



三つのビュートもま近で見ると巨大な岩石でっかいわ~!
だんだん奥に進んでいくと何箇所か車から降りて説明を聞きます。
先住民の描いた絵。岩に大きな穴が開いていて空が綺麗に見えます。
b0076334_13243881.jpg


b0076334_13253649.jpg



その岩に寝そべっているとガイドの人がケーナを奏ではじめました。
心地よいケーナの響きに心が癒されます。
b0076334_13251057.jpg



時々車から降りて説明後またケーナを奏でてくれます。
本当にいい音色、ず~と聞いていたいくらい!
b0076334_13262076.jpg



あっという間に二時間のツアーは終わってしまいましたが
凄く車が揺れたので腰がおかしいくなりました。
b0076334_13265019.jpg



アメリカには想像もできないような地形が一杯です、
これからも素晴らしい景色が一杯出てくると主人が楽しみにしています。
b0076334_13272118.jpg


この次はメサベルデ国立公園です。
どんな所かな?凄い高いところにあるそうだけど・・・
私も楽しみです。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-16 13:12 | tabi | Trackback | Comments(10)
アメリカ便り9
今日も元気で走っていますよ~!

主人は相変わらず「キャー凄い!!」とか「ター」とか
奇声を上げながら走っています。
b0076334_1457964.jpg

私はそろそろ普通の生活に戻りたいです、其れに自由が欲しい
何で贅沢なことを考えています。

先回のルート66の最後に訪れたフラッグススタッフの町で日本の南部鉄の
鉄瓶のカラフルなのを売っていました。
b0076334_1254963.jpg


町には犬を連れた人も多い。床屋さんの看板はどこでも同じなんですね。
b0076334_12551149.jpg

b0076334_12553450.jpg


グランドキャニオンの報告が遅れてしまいました。
b0076334_1257594.jpg


夕方3時ごろに着いた私たちは早速大峡谷を訪れました。
本当に綺麗です。此処で二泊しました。
b0076334_12583819.jpg


さすがにメジャーな所だけあって世界中からの観光客で賑わっています。
b0076334_132573.jpg


下を見るとヒャ~~!っとします。

高所恐怖症の主人は細い崖の道を怖がって歩かないので私は主人を置いて
一人で途中まで行ってきました。
b0076334_13262666.jpg


落ち合って下を見ると韓国のツアーの添乗員が大きな声で説明していましす。
b0076334_1325415.jpg


夕方部屋に帰ると建物の前にミュール鹿の家族が草を食べにでてきていました。
木の葉っぱも食べてるの!
b0076334_13283427.jpg

b0076334_13291127.jpg


翌日は日の出を見に朝4時半に起きて真っ暗な道を出かけました、
b0076334_13303052.jpg

一時間ほど走りましたがよく分からず「、前を走っている車と心中しよう」なんていって
後ついていったらあってました。

日が昇って辺りが赤く染まりはじめました。
b0076334_13335393.jpg


本当に幻想的!
b0076334_1334271.jpg

b0076334_13351170.jpg


日中はいろんなポイントを走り回ってグランドキャニオンを堪能しました。
b0076334_13375956.jpg

夕方には夕日に染まるポイントまで出かけて、どんどん移り変わる
景色を楽しんで、
b0076334_13361388.jpg


宿に帰ると主人は早速写真をパソコンに取り込んで私の撮った写真を見ては
「あんた撮り過ぎだわ!」ですって、本当は主人の方が多いんですよ。
b0076334_13311289.jpg

パソコンに取り込んだ写真は用心の為に外付けのホルダーに取り込んでいます。
b0076334_13364683.jpg
b0076334_13372775.jpg

次はモニュメントバレーです。
ネットがうまく繋がるといいんだけれど・・・・
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-13 12:51 | tabi | Trackback | Comments(21)
アメリカ便り8
こんにちは~!
アメリカに来て今日で45日に」なります
なんだか毎日忙しいです~!
b0076334_1414455.jpg


カメラも壊れるといけないから4台持ってきています。
毎日主人のカメラと私のカメラで何百枚撮っています
b0076334_14155872.jpg


「こんなに撮ってどうするの!」って言いたいくらい!
私がぼーとしてると「写真、写真」と横から五月蝿いです。
b0076334_141638100.jpg



こうして二人でドライブしているとなんだか日本で
ドライブしているような気がするのだけれど景色は
アメリカなんですねぇ~!
b0076334_1417156.jpg

道路脇の山はこんなサボテンが一杯!綺麗です。
テレビでルート66のドラマを見ていたのは幾つの時だったかしら?
あのときからアメリカにはあこがれていたような気がする。
b0076334_14193211.jpg


ルート66はシカゴからカリフォルニアまでの横断道路。
今はヒストリックルート66として観光用にところどころ昔の面影を残した
町があります。
b0076334_14151477.jpg


最初に寄ったオートマンの町は西部劇に出てくるような町、
そこではアトラクションをやっていて三人の西部男が銃撃戦を
やっていて打たれ約の人が倒れてなかなか起き上がらなくて
爆笑!
b0076334_14203086.jpg


町にはロバが何匹も歩き回っていた、
b0076334_1420297.jpg

b0076334_1421754.jpg

お店の中は一ドル札だらけ!

ルート66は真っ直ぐな道だと思っていたら結構険しい山道、
カーブも急で狭く崖があったりして運転技術を要します。

私たちが立ち寄った町はオートマン、セリグマン、キングマン、ウインスロー、
ホルブロック、フラッグスタッフ、ウイリアムスの町を三日間掛けて回りました。
b0076334_14214871.jpg

写真は町の順番通りではないかもしれません。

ウイリアムスからはグランドキャニオン行きの列車が今も走っています。
b0076334_14415657.jpg

b0076334_1562722.jpg

その後巨大隕石が落ちたクレーター博物館と化石の森国立公園(木が何億年も埋もれていて化石化しそれが宝石のような石のなっいた)を見てグランドキャニオンへと向かいました。

b0076334_14391886.jpg

b0076334_14403317.jpg
b0076334_1441041.jpg
b0076334_14413254.jpg

b0076334_14444475.jpg
b0076334_14454135.jpg

インディアンテントのホテル
b0076334_14465647.jpg
b0076334_14475063.jpg

[PR]
by jyuntonana | 2010-10-08 14:11 | tabi | Trackback | Comments(14)
アメリカ便り7
今日は~!
今日も旅は順調に走っています~~!

次の国立公園に行くまでの移動日は主人が前日に
地図と本をにらめっこしながらコースを決め行きます

通る道路はシーニックロード行って景色の良い道を選んで
ドライブします。
b0076334_1456184.jpg


いつも綺麗な景色を見たり美しいものを見ては歓声をあげていましたが、
今回は、はしゃいではいられませんでした。
b0076334_14564719.jpg


ネバダ山脈を楽しみながら辿り着いた所は、「Manzana」といって
太平洋戦争が始まってアメリカ在住の日本人が強制収用された所でした。
US395ハイウエイ沿いにあります。主人はよく知っているわ!

日本語では「満座那」と書かれていました。
日本が真珠湾攻撃後4カ月後のことだったようです。
b0076334_14572918.jpg


12万人にも及ぶ日本人が土地や財産を奪われて何箇所もの収容所に連れて
行かれたようですがManzanaは7千人位だったようです。
b0076334_14592314.jpg


土地は砂漠でした、後ろにはネバダ山脈がそびえたっいて、夏は暑く冬は
寒かったようです。
男の人の若い人はアメリカ兵として日本と戦ったそうです。
辛かったでしょうね。
b0076334_14595248.jpg

私は勉強不足で此処で日本人の人たちが大変な生活をしていたなんで
始めて知りました。

もちろん戦争ですから日本本国の人も大変だったと思います。
b0076334_1545874.jpg


今はアメリカが保存して資料館として国が管理しています。
b0076334_1555274.jpg

中に入ると折鶴が飾られていて日本のおみやげ物も売っていました。

この写真の中に何方か見覚えのある方がいらっしゃるかしら。
b0076334_153882.jpg


終戦後65年たっているけど、この子供さんは今どこで暮らしているんでしょうね。
b0076334_15202660.jpg

もしこの報告が間違っていたらごめんなさいね。
b0076334_1513527.jpg

グランドキャニオンまではまだまだなのでその前にヒストリック、ルート66を通りながら
行くらしいので今度はルート66を紹介しますね。
[PR]
by jyuntonana | 2010-10-05 14:53 | tabi | Trackback | Comments(16)



solwlife daialy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
お気に入りブログ
最新の記事
最近の私
at 2017-05-19 09:03
お誕生会
at 2017-05-06 10:34
東山動物園
at 2017-04-30 22:46
ちょっとお出かけ
at 2017-04-24 22:44
お花見に行きましたか?
at 2017-04-18 11:50
最新のコメント
shizuo様・・・こん..
by jyuntonana at 10:26
「東山魁夷」「よみがえれ..
by shizuo7f at 15:51
guuchanさん・・・..
by jyuntonana at 10:07
わぁ~~ パステルア..
by guuchan at 09:20
suzuさん・・・こんば..
by jyuntonana at 23:40
ご無沙汰しました。 早..
by 1944-suzu at 08:34
shizuo様・・・こん..
by jyuntonana at 23:23
kyo-koさん・・・こ..
by jyuntonana at 23:17
可愛い絵ですね、あやちゃ..
by shizuo7f at 17:52
ナナさんちはいつも楽しい..
by kyo-ko5 at 23:54
以前の記事
ライフログ
外部リンク
記事ランキング